スポンサードリンク

スポンサードリンク


モグラ被害を食い止める


農園を営んでいたり、庭のある家庭では、モグラによる被害を受けたことがあるのではないでしょうか。せっかく栽培している野菜や樹木などの根っこを傷つけられたり、もぐらのトンネルからネズミなど他の生き物が侵入してきて、作物を食べたりしてしまう、という被害があります。

また、芝生を植えたところで、あちらこちらに、モグラによって盛り上げられた土が見られると、景観上もよくありません。これが、ゴルフ場や庭など、人が歩く所にできていると、モグラのトンネルに足を取られて、最悪の場合は、捻挫、骨折などしてしまうこともありえます。

このようにモグラ被害は、無視することができないものと言えます。一方、モグラが生息しているということは、その土地がとても肥えていて、土壌が豊かであることを図るバロメーター的役割も果たしていると言えます。

モグラがいるということは、地中に、モグラが食料としている多くの生物が住んでいることを意味します。豊かな農作物にはもぐらはつきもの、と言ったところでしょうか。

モグラ被害を大きくしないために、適切な処置が重要になってきます。モグラに対する処置を施して、モグラ被害を最小限に食い止めましょう。もぐらの習性を利用して、効率的な方法でもぐらの対策を行うことができます。
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。